投稿

お寺のインターネット活用

イメージ
  9月2日、 曹洞宗北海道管区 さまの人権啓発研修会にて、「コロナ禍とお寺のインターネット」というタイトルでお話をさせていただきました。 お寺というのはなかなか不思議な存在で、地域の中では名前が知られている割に、インターネットの利用は、企業一般と比べてまだまだ消極的なところがあります。 時折、 SNSや動画サイトにて発信を続けているお坊さんが報じられたりはしますが 、まだ少数派(だからこそ報じる価値がある)ということのようです。 その一方で、個々のお寺について、ネット上の情報流通は増えるばかりです。 SNSはもちろん、Googleマップの口コミでも、勝手な評価が数値化されてしまいます。観光の対象になっているお寺については、旅行情報サイトの口コミ欄が、訪問するかしないかの判断材料の一つになっています。御朱印人気も定着して久しく、参拝記録のためのスマホアプリも存在しています。その中でも、口コミが刻々と蓄積されていくわけです。 こうした状況では、お寺だからといって、ネットには関わらないという選択肢はもはや現実的ではありません。ネットへの発信について、「どのように取り組めばうまくいくのか」について考え、実行することが求められています。家族経営が多い「ふつうの規模のお寺」にとっては、なかなか骨の折れる時代だと思います。 しかし、企業や公的組織と同様、それぞれのお寺にも「伝えたいこと」があるわけです。それをもう一度しっかりと見つめ直すことで、頭の整理はグッとラクになるのではないでしょうか。 また、お寺には、それぞれの歴史的な経緯、われわれには想像もつかないような興味深い出来事といった「宝物」が一杯です。お寺の「中の人」にとっては当たり前のそれらを、素直に表現出来さえすればうまくいくというのは、実に心強い財産だとも言えます。 そんなわけで、研修会当日は、お寺を取り巻く環境の変化を明らかにするとともに、ネット利用の始め方、成功のポイントと注意点をご紹介させていただきました。 わたくしは今回初めて知ったのですが、曹洞宗の開祖、道玄禅師のことばを集めた「正法眼蔵随聞記」には、ネットデビューの心得として誰にとってもピッタリの一節が含まれています。 そのほか、今回ご縁をいただいた曹洞宗に限らず、伝統宗教には、われわれの人生の悩みや迷いを解くようなヒントがたくさん眠っています。 長引くコロ

ネットでの契約やおカネの問題について考えた

イメージ
9月10日土曜日午後、たかまつ国際会議場で開かれた 香川県高等学校PTA連合会の研修会 にお邪魔してきました。文部科学省委託事業「ネットモラルキャラバン隊」の一環としての開催です。 研修会のテーマは、 本年4月から成年年齢が18歳に引き下げられ たことを受けて『 安全に賢くネットを活用できる18歳成人となるために 』。成年年齢引き下げのもたらす幅広い影響の中から、特にインターネット利用に関わる“契約”や“おカネ”について掘り下げてみようという、時宜を得た取り組みでした。 当日のわたくしの役回りは、研修会冒頭での問題提起と、2時間ほどのパネルディスカッションのコーディネートです。 パネルディスカッションにはこのテーマの専門家として、弁護士の 上沼紫野先生 と、 ECネットワーク の原田由里さんを迎え、さらに保護者代表(県高P連会長の杉本勝利さん)と、当事者として高校生のお二人も交えて、「どんなことが起きているのか」「何が問題なのか」「(高校生の周りにいる)大人には何ができるのか」を考える大切な時間となりました。 不適切な閲覧や、性暴力被害、ネットいじめや長時間利用など、これまでの青少年ネット問題については、長年に渡る様々な取り組みがあり、それぞれの問題点や対応も語り尽くされてきた感があります。言うなれば、「あとは実行するだけ」という段階でしょうか。 ところが今回のテーマとなった“インターネット上での契約やおカネ”について、当事者の子どもたちと、保護者など大人の間には、相当大きな隔たりがあるように思われます。 たとえばフリマアプリのメルカリは、サービス開始からまだ10年が経過していません。 QRコード決済のPayPayに至っては、5年未満です。とても急激な変化が続いている中、子どもの側は、毎日前に進んでいき、利便性とリスクを具体的に知り、子ども同士で共有する一方で、大人の多くは、「よく分からない」ゆえの怖さを感じたり、「これまでどおりでも、それほど困るわけではないし」という現状維持に落ちつくことで、新しいアプリやサービスの魅力すら経験できていないのではないでしょうか。 ネット利用とキャッシュレス決済について、学んだことがある保護者は少ない かくいうわたくし自身も、ネットの消費者問題についてはまだまだ勉強途中というのが本当のところで、わが家の子どもたち(高1と中1)から、

小学生のネット動画、保護者に求められる対応は?

イメージ
小学生のネット利用ではゲームも話題に上がりますが、一般的には男子が優勢でしょう。 子どもの性別を問わず、保護者が頭を悩ますのは圧倒的にネット動画だと言えます。 そのことについて、ベネッセこども基金さんのウェブサイトに、コラムを寄稿させていただいておりますので、夏休み中にぜひご一読くださいませ。 https://blog.benesse.ne.jp/kodomokikin/column/2022/08022011.html

家庭でできるセキュリティ教育の第一歩

イメージ
 昨夏に初めての拙稿を掲載いただいたベネッセこども基金さんのコラムにて、本日、 二本目の記事 が公開されました。 短いので、ツッコミどころもあろうかと思いますが、ご一読いただければ幸いです。

【講座動画の無料公開中】オンラインゲームとのつき合い方

イメージ
  不思議なご縁から昨年12月に初めてお招きいただいた 、子育てのさまざまな悩みを解決するヒントが学べる連続講座に、二回目の登場となりました。 近い将来、有料化を予定されているそうですが、まだ試運転中ということもあり、いまは無料で公開中。 今回のわたくしの担当分では、小学生のお子さんをお持ちの保護者向けに、「オンラインゲームとのつき合い方」をテーマとしました。 再生速度、速めでも十分楽しんでいただけると思います。 ぜひ、のぞいてみてください。 MamCh 子育てCh vol.7 オンラインゲームとのつき合い方 Nintendo Switchやスマホでゲームを楽しむ子どもの姿、今どき、珍しいものではありません。自分でもゲームを楽しんでいるという保護者はともかく、ゲームには詳しくない、苦手だという保護者は、わが子のゲームとどうつき合えば良いのでしょうか? 1/27ライブ配信済みのアーカイブ視聴

1月と2月のオンラインイベント登壇予定

イメージ
1月末に、福岡県主催のイベントに参加します。 こちら、先週まではリアル開催の予定だったのですが、オンライン開催へと変更になっています。 福岡近辺の方に限らず、ご参加いただけるということでもありますので、みなさまぜひご検討くださいませ。 わたくしは、基調講演(といっても、論点の提供程度ではありますが)と、その後のパネルディカッションにて登壇いたします。 日時:2022年1月30日日曜日13時〜16時 形式:Zoomウェビナー 参加無料です。 主催者サイトからの申込締切は1/27木曜日 。ギリギリまで間に合いますね。 また、2月末には、群馬県を地盤に、ネットセーフティ教育啓発などに長年取り組んでおられる“ NPO法人ぐんま子どもセーフネット活動委員会 (略称 GKAC)”と、福井県が地盤の“ 青少年とインターネットについて考える会 ”が共同主催するオンラインイベントに登壇することになりました。 イベントタイトルだけ見ると、なんだか大きなテーマ(青少年のネット利用について考える)が掲げられていますが、ほぼ全ての子ども、保護者と学校に関わりの深い“長時間利用傾向”が、当日の中心的な話題になるかと思います。 まず、第1部:基調講演を担当される伊藤賢一先生には、社会学者の立場から、“ゲーム依存”の捉え方をあらためて示していただきます。 その後の第2部では、ゲームだけに限定せず、もう少し広く、子どもたちのネット利用の現況についての話題提供があります。 わたくし、第3部:パネルディスカッションの進行役ということで、学識者、学校、保護者、事業者のそれぞれのみなさんの現状や課題感などを、なるべくたくさんお話いただき、今後の協働のポイントを明らかにするという役目を、しっかり果たしたいと思っています。 日時:2022年2月27日日曜日13時半〜16時半 形式:Zoomウェビナー(受講者は顔出し不要) 参加費は無料です。申込締切は2月15日と、ちょっと早めですのでご注意くださいませ。 詳しいことは上記チラシや、主催者ページでご確認の上、 こちらのページ(GKACサイト)で事前の参加登録 をお願いします。多くのみなさまに参加いただけることを楽しみにしています。

12/9開催のオンライン講座をYouTube公開中

イメージ
 先日、告知記事( 子育て課題の一部としての睡眠とネット動画について語ります )をアップしておりました、12月9日開催のオンライン講座「 睡眠習慣がカギ!子どものネット動画デビュー 」(主催:NPO北海道ネウボラ&ハッピー・ファムさん)。視聴のチャンスは、当日午前のZoom生配信中と、当日夜のYouTubeライブ中だけで、タイミングが合わなかった方もおられたと思います。 実は手元に録画がなく、自分でも見返すことができずに残念に思っていたところですが、なんと!、 年末年始期間限定での 再配信が昨夜から始まっておりますので、あらためてのご案内です。以下のリンクからYouTube上で普通に見られます。 (1/31追記:配信期間、当初予定より伸びているようです。) MamCh子育てチャンネルvol.2 静かにしてほしい時、頼りになるのはスマホのネット動画。スマホ子守はホントに全部ダメなのでしょうか。子どもとネットの上手なつき合い方のキーワードは、実は「睡眠習慣」。お子さんが小さいほど効果は絶大です。(配信時間:約1時間) あらためて観てみると、当方不慣れがゆえ、収録中、間延びしてしまったところが多々ありまして、誠に恐縮です。お正月休みのひととき、2倍速くらいでご笑覧いただければ幸いです。 なお、動画中でご紹介しているアプリや睡眠ログ、書籍については、以下のリンクもぜひご利用くださいませ。 YouTube Kids (ウェブ版) YouTube Kids 概要説明 NHKキッズ 睡眠ログ(アートチャイルドケア社) 「みんいく」ハンドブック(学事出版)