投稿

2018の投稿を表示しています

YouTube Kidsってなんだろう

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第7回として、2018年11月5日に掲載された記事を再録したものです。(冒頭写真のみ、記事掲載時とは異なります)。


人気のネット動画サービスYouTube。大人向けの動画も出てくるので、安心できないと考える保護者も少なくありません。今回は、そうした保護者のために用意された、子ども専用のYouTubeアプリをご紹介します。


YouTubeの利用は13歳から あまり知られていないことですが、YouTubeの利用規約では、13歳未満の子どもの利用は認められていません。児童のプライバシーを守るための米国法への対応が理由で、実は多くのSNSでも同様のルールです。

ところが現実には、多くの小学生がYouTubeで動画を楽しんでいます。運営会社もこの矛盾を放置し続けるわけにはいかず、子ども向けのYouTubeアプリ「YouTube Kids」が開発され、米国では一足早く2015年に提供開始となりました。日本でも2017年に、ポケットモンスターやプリキュアなど、人気の動画を多数そろえた日本向けアプリが公開されました。

さまざまな配慮がされた子ども専用YouTubeアプリ
YouTube Kidsを利用するためには、まずタブレットやスマホに専用アプリを追加する必要があります。アプリは無料です。現時点では、ブラウザでの利用はできませんので、パソコンからは見られません。

子どもの視聴が前提となっているアプリなので、YouTube Kidsで見られる動画は、アニメや特撮、ドラマ、スポーツ、バラエティなど、子どもに見せても問題ないと思われるテーマやコンテンツが中心です。一部のユーチューバーの番組や学習コンテンツなども視聴可能です。アプリで視聴できる動画は、利用する子どもの年齢設定に合わせてプログラムが自動的に選択します。














このほかにも、保護者が期待するようなさまざまな機能が備わっています。

たとえば、保護者が目を離したスキに子どもが自分で勝手に動画を探さないように、アプリ内での動画検索機能は、オフにすることが可能です。





また、使いすぎを防ぐために、「視聴タイマー」も備わっています。最大60分までの間で、動画視聴の上限時間を保護者がその都度指定します。決めた時間になると、動画が見られなくなるため、「…

どこから手をつける、長時間利用問題

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第5回として、2018年9月28日に掲載された記事を再録したものです。


子どもがネット動画を見ている保護者に共通の悩みに、「やめられない」「止まらない」があります。保護者はどうすればよいのでしょうか。


軽く考えると一生後悔する? 長時間利用問題 最新の全国調査※1によれば、中学生の56.7%が、平日1日あたり2時間以上ネットを利用しています。小学校高学年でも、33.4%が2時間以上利用するなど、低年齢化も進んでいます。



小学生の段階から人気が高いネット利用は、「動画」と「ゲーム」です。とくに、「動画」の長時間利用に悩む家庭は少なくありません。ネット利用が長くなったとき、最初に犠牲になるのは睡眠時間ですから心配も当然です。

睡眠は、健康や発達の大切な基礎です。低年齢の時点での睡眠不足の慢性化は、成長後の睡眠障害などの原因にもなります。

長時間利用は、子どもたちの一生に関わる問題なのです。

つい長時間になるのはうちの子の意思が弱いから?
動画の視聴がほどよいところでやめられないのは、わが子の意思が弱いからでしょうか。よその子たちは上手に切り上げられているのでしょうか? もちろんそんなことはありません。

ネット動画の多くが、掲載広告と引き換えに無料で楽しめます。運営会社は、より多くの人に、より長く広告を見てもらえるよう、さまざまな工夫をこらします。

たとえばYouTubeでは、目あての動画を見終わると必ず、「次の動画」が表示されます。推薦されるのは、自分自身の好みにぴったり合った動画です。自制心がまだ弱く、好奇心おうせいな子どもたちは、そうした働きかけにあらがえません。運営会社の思惑どおり、次々に動画とそれに付随してくる広告を見ることになります。

まずは「終わりの時間」に集中してみよう
どうしたら動画視聴の長時間化に歯止めをかけられるのでしょうか。

家庭での取り組みの第一歩は、ネット利用に使える時間帯を親子でいっしょに計算するところからです。
個人差はあっても、小学生(6〜12歳)段階での望ましい睡眠は9〜12時間※2です。
起きる時間は、学校に行く時間と身支度や朝食にかかる時間で決まるので、簡単な引き算で就寝の時間が決まります。睡眠の質を保つため、就寝1時間前をネット動画視聴の…

将来はユーチューバーになりたい

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第5回として、2018年8月24日に掲載された記事を再録したものです。(冒頭写真のみ、記事掲載時とは異なります)。


小学生の将来なりたい職業として最近おなじみのユーチューバー。大人はどう受けとめれば良いのでしょうか。


人気職業としてのユーチューバー あまり知られていないことですが、YouTubeの利用規約では、13歳未満の子どもの利用は認められていません。児童のプライバシーを守るための米国法への対応が理由で、実は多くのSNSでも同様のルールです。

ところが現実には、多くの小学生がYouTubeで動画を楽しんでいます。運営会社もこの矛盾を放置し続けるわけにはいかず、子ども向けのYouTubeアプリ「YouTube Kids」が開発され、米国では一足早く2015年に提供開始となりました。日本でも2017年に、ポケットモンスターやプリキュアなど、人気の動画を多数そろえた日本向けアプリが公開されました。

ユーチューバーは子どもの良いお手本か
わたしたち保護者にとって、子どもが将来の職業としてユーチューバーに憧れても、素直に応援しようという気持ちになるのは難しいところがあります。

収入のしくみがよくわからないうえ、安定した職業にはみえないからです。

実際、ユーチューバーが、CMのように「好きなことで、生きていく」のは、やさしいことではないのです。広告収入の分配割合はサイトの運営元に一方的に決められ、いつ広告単価を切り下げられるかわかりません。英語圏と比べると、日本語を解する視聴者の数が圧倒的に少ないのも再生回数のうえでは不利だと考えられます。

一方、短い時間で他者になにかを伝えるという点で、人気ユーチューバーに学べることは少なくありません。

北米の幼稚園・小学校などで行なわれているShow & Tellという授業について聞いたことはありますか? 自宅にある好きなおもちゃなどを教室に持ち込み、クラスメイトに「なぜ、どう好きなのか」などを説明し、質問に答えるという、プレゼンテーションの基礎訓練のようなものです。ユーチューバー動画は、その究極の形だと見ることもできます。

家庭ではどう対応したらよいか
ユーチューバーの番組を子どもといっしょにじっくり見たことがあるという保護者は少な…

多様化するネット動画

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第4回として、2018年7月24日に掲載された記事を再録したものです。

ネット動画=YouTubeという認識はもう古いのかも。
子どもたちが楽しむネット動画は、この数年でぐっと多彩になりました。最新の状況を確かめておきましょう。


専門型動画サービスの登場 前回の記事では、ネット動画とテレビの似ているところ、異なるところについてご紹介しましたが、いまネット動画は、大きな変化の時期を迎えつつあります。

その変化の一つは、動画を楽しめるサービスの多様化です。

動画といえばすぐに思い浮かぶのがYouTubeのような大型サービスですね。これらのサービスには、子どもから大人まで、だれでも必ず自分の好みの1本が見つけられると言ってもよいほどに、さまざまな動画が数多く集まっています。いわば総合型のネット動画サービスといえます。

一方で、最近では、特定の年齢層や用途だけに焦点を合わせた、専門型のネット動画サービスも生まれているのです。
たとえば「女子のための動画ファッションマガジン」というピンポイントの切り口で生まれたのがC CHANNEL(シーチャンネル)です。そこでは、スマホでの利用を想定して動画もたて型です。

また、動画の生中継・ライブ配信に特化したアプリも人気です。中高生の自己表現の場として人気のツイキャスに加え、プロのライブなどを楽しめる後発のLINE LIVEも支持を広げています。

スマホ自体の性能やネットワークの通信速度が向上したことで、動画での表現はごくあたりまえのものになりました。巨大化した総合型サービスでは満たされない、利用者のスキマ的なニーズをきめ細かく拾っていくような、魅力的な専門型動画サービスは、これからもたくさん登場してくるでしょう。

SNSでも動画があたりまえに 変化のもう一つは、InstagramやTwitter、Facebookなど主要なSNSでも、動画を楽しめるようになったことです。
初期のSNSでは、いずれも動画をそのまま投稿することはできず、YouTubeなどリンク先サイトにある動画のサムネールしか表示できませんでした。

ところがいまでは、あらかじめ撮影・編集した動画をSNSに投稿することはもちろん、スマホのSNSアプリを使い、その場から生中継・ライブ…

1/10小樽観光協会マーケティング勉強会に登壇します

イメージ
「2019年にSNSを活用するということ」と題した勉強会にて講師を担当します。

※本イベントは北海道胆振東部地震当日の2018年9月6日に開催を予定していたものです。


小樽観光協会 マーケティング勉強会
https://otaru.gr.jp/citizen/study_0110日時:2019年1月10日木曜日(13時30分〜15時30分)場所:運河プラザ 三番庫ギャラリー(小樽市色内2-1-20)
https://otaru.gr.jp/kankokyokai/guide#plaza3主催:小樽観光協会演題:「2019年にSNSを活用するということ」
チラシ画像

ネット動画とテレビの違いを知ろう

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第3回として、2018年6月29日に掲載された記事を再録したものです。(冒頭写真のみ、記事掲載時とは異なります)。


いま子育て中の世代も、子どものころは毎日テレビを見ていたはず。いまの子どもたちが毎日ネット動画を見ていても、心配することはないのでしょうか。

ネット動画とテレビが似ているところ 前回は、「自由に参加できる場」という子どもにとってのネット動画の魅力を掘り下げましたが、多くの保護者にとっては、「意味のないものを」「だらだら」「夜遅くまで」見ているといった現象の方が気になるところでしょう。

実のところそうした指摘は、わたしたち、いま子育て中の世代が子どものころから、テレビとのつきあい方について言われ続けてきたことです。
その後、ビデオなどの普及で、保護者は放送時間帯にしばられず、番組を録画して子どもに見せられるようになりました。さらにネットワークの発達とスマホなどの端末機器の進化により、動画をネットで見られる環境が整い、YouTubeといったネット動画が登場したわけです。

たしかにネット動画はテレビとよく似ています。

まず、テレビの前の視聴者は、スカパー!などの有料放送やNHKを除けば、おカネを払うことなく多数の選択肢のなかから好きな番組を楽しめます。そのかわり、一定時間ごとに流れるコマーシャルを拒否することはできません。

ネット動画でも、たとえばYouTubeにアップされた動画は無料で楽しむことができますが、人気動画は企業広告がついていて、それを目にしないわけにはいきません。テレビ番組もYouTubeも、広告収入で経営がなりたっているからです。

また、楽しむのにそれなりの時間がかかるのも共通するところです。

さらにテレビやネット動画では、読書のように、目的意識をもち、頭を働かせる努力はあまり求められず、逆に音や動く絵などの刺激が、われわれの注意をより強く、長くひきつけます。

結果的に、受け身の姿勢であっても、与えられる情報を長時間続けて楽しめてしまうのが、テレビやネット動画の特徴であり、大きな魅力といえるでしょう。

大人の世界でなんの気なしにテレビをつけることが習慣化しているように、子どもたちもYouTubeのアプリを立ち上げることがごく自然なこととして習慣化し…

小学生はYouTubeでいったいなにを見ているのか

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第2回として、2018年5月25日に掲載された記事を再録したものです。

子どもたちはYouTubeが大好き。でも子どもたちが好んで見ている動画は、わたしたち大人のそれとはちょっと違うようです。

ある小学校の5年生全員に聞いてみると 小学生から高校生までのインターネット利用のなかでも、動画視聴がとくに人気なのは、前回記事で紹介したとおりです。ところが、子どもたちがどのような動画を好んで見ているのかについて、公的な調査結果は見あたりません。

とはいえ、わたしたち保護者の立場からしてみれば、「ほかの子はYouTubeでなにを見ているのか」はおおいに気になるところ。そこで今回は、わたしが講師として今年2月に訪問した、ある公立小学校の5年生全員に聞いてみた結果を紹介します。※

その学年での人気動画の第1位は「ゲーム実況」。6割を超える児童が「よく見る」と答えました。

ゲーム実況動画とはその名のとおり、実際にゲームをプレイする一連の流れを収録した動画のことです。おもな素材は進行中のゲームの画面ですが、音声で面白おかしく実況中継したり、テンポよく編集したりすることで投稿主側はうでを競っています。

ゲーム実況に人気が集まる理由は、ゲーム自体の人気に加え、いわゆる攻略本代わりの情報源になることが考えられます。ゲームが上手な友だちのプレイを見せてもらうかのように、見るだけという楽しみ方や、これから遊ぶゲーム選びの参考にすることもできます。

YouTubeで「ゲーム実況」と検索してみると、人気動画がたくさん見つかります。実際に何本か見てみると、人気のひみつがわかるかもしれません。

テレビとは違うネット動画の魅力 質問「あなたがYouTubeでよく見るのはどんな動画ですか?(いくつでも)」への回答


第2位は「ユーチューバーの番組」(50.9%)です。さすが、小学生男子のなりたい職業の上位に位置するだけのことはあります。

続く第3位には「やってみた、ネタ、面白い動画」(49.1%)が入りました。これは第6位の「歌ってみた・踊ってみた動画」(35.1%)と同様、動画投稿主が自らの体験や表現をドキュメント仕立てに短くまとめた動画です。

ここまでで共通していることに気づきましたか? そう、みんな「自分でなに…

子育てとネット動画、その光と影

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの連載『ネット動画とのつきあいかた』の第1回として、2018年4月6日に掲載された記事を再録したものです。(写真のみ、記事掲載時とは異なります)。


YouTubeなど最近のネット利用では動画が当たりまえになっています。でも、子どもへの影響は、保護者の知識と対応次第で大きく違ってくるようです。インターネットの安全な利用についてくわしい高橋大洋さんによる、「ネット動画とのつきあい方」連載が始まります。(編集部より)

ネット動画について、保護者の悩みは尽きない
わたしは、コンピュータウイルス対策やフィルタリングの企業で働いたのち、インターネットの安全な利用についての調査研究や教育啓発に取り組んでいます。
そのなかで、お子さんにスマホを利用させている保護者のみなさんに、研修会の場などで講師としてお話をうかがってみると、地域を問わず目立つのはネット動画に関する悩みです。

とくに、お子さんがまだ小学生の場合には、LINEなど、オンラインコミュニケーションに関する悩みよりも、YouTubeなど動画サービスについての悩みのほうが圧倒的に多いように感じます。

「音声検索で出てくるお気に入りのアニメ動画を見るのが大好き。タブレットを取りあげると怒るので困っている」(未就学児の保護者)
「関連動画として表示されるもののなかに、ときどき、成人向けと思われるものが混ざっているのが心配」(小学生の保護者)
「夜遅くまで睡眠時間を削って動画を見ていて、翌日の学校に支障がないか心配だが、自分は大丈夫、友だちも見ているなどと言ってやめようとしない」(中学生の保護者)
実際、インターネットの利用内容についての最新の調査結果※1を見ても、小学生の段階では、メールやSNSなど「コミュニケーション」はまだそれほど多くない(34.3%)のに対して、「ゲーム」(77.9%)に次いで「動画視聴」(63.6%)は2番目に多いのです。

小学校卒業以降でも、ゲームの利用が頭打ちになるのと対照的に、動画サービスの利用は、中学生(80.3%)、高校生(84.9%)と一貫して伸び続けることが明らかになっています。 なお、その手前、乳児を含む未就学児の段階では、インターネット利用※2は、「動画視聴」(85.4%)が堂々の首位となっています。

つまり子どもとインターネットの問題…

子どもがスマホを欲しいといったら?(前編)〜「なんとなく」デビューは、いばらの道

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの特集『子どものスマホデビュー、その時に』の一部として、2018年2月1日に掲載された記事を再録したものです。(写真のみ、記事掲載時とは異なります)。


スマホデビューをめぐる親子のズレを知る
スマートフォンでインターネットを利用する子どもは、いまや小学生の4人に1人、中学生では2人に1人とされます。
そのデビューのタイミングは年々早まる傾向です。

子どもにとって自分のスマホは、保護者に邪魔されずにあらゆる娯楽や友だち関係を楽しめる、夢の世界への入り口です。
持たせるまでは「友だちもみんな持っているから、自分だけないと連絡が来なくて困る」とか「移動中に好きな音楽が聞きたい」などを理由にあげるのですが、実際には、YouTubeやゲームはもちろん、いろいろ遊べる自撮りアプリなどを、友だちからすすめられるままに次々とダウンロードする状況になりがちです。

一方、保護者の側のスマホへの期待は、緊急時の連絡に役立つのではないかという実務的なもの。習いごとや塾通いが多いお子さんや、毎日の通学にバスや電車を使うお子さんであればなおさらでしょう。
さらに「みんな持っている……」と言われると、自分の子だけ持たせないと仲間外れになるかもと不安にもなります。しかし、実際に持たせるとなると、成人向けの情報や画像への接触、課金、依存、心身への影響など、保護者の心配は尽きません。


ありがちなデビューの問題点とは? 
一般に、子どものスマホデビューは「先のこと」とのんびり構えて、子どもに言われてから慌てて考えはじめる保護者が多いようです。

ありがちなのは、「中学生になったら」「◯年生になったら」のように、デビューをただ引きのばすという対応。
子どもの進学や進級のタイミングが来たからといって、さまざまな心配ごとが自動的に解消するわけではないのですが、さらに学業成績や受験の成否を条件につけ加えて、スマホを「ごほうび」にしてしまう家庭も少なくありません。

いざデビューの段になっても、利用ルールをなにも決めない家庭があります。もし決めたとしても、機器を大切に扱うとか、料金のこと、危ないサイトには行かない、などでは、本当に避けたいトラブルを防ぐ効果はありません。

さらには、フィルタリングを利用しているからもう大丈夫とか、子どもにもプライバシーがあるか…

子どもがスマホを欲しいといったら?(後編)〜ルールづくりは子どもと対話しながら

イメージ
#本ページは、学研Kidsnet for Parentsの特集『子どものスマホデビュー、その時に』の一部として、2018年2月7日に掲載された記事を再録したものです。(写真のみ、記事掲載時とは異なります)。→前編を読む


子どもの力を見定めるのは保護者の役目 後編では、子どものスマホデビューにあたって保護者が事前にできる準備をお伝えしていきます。

子どもが自分のスマホを欲しいといったとしても、そもそも子ども専用のスマホが必要ないケースも少なくありません。はやりの動画が観たい、週に何度か友だちとの連絡に必要といったレベルであれば、保護者のスマホを共有する、自宅のパソコンやタブレットを使わせるなどの方法を検討してみましょう。

同じスマホでも、どんなアプリを入れるのか、そのアプリをどこまで使わせるかが、トラブル発生の可能性に影響します。
たとえば子どもたちの人気が高いYouTubeでも、子どもの自制心が不十分なうちは、一人では自由に閲覧させられません。さらに、YouTubeに動画を公開するとなれば、インターネットのいろいろな特性を子ども自身がよくよく理解していることが前提となります。

利用を認めるか、認めないかという二択で考えるのではなく、「知っている」と「できる」をはっきりさせて、区切りをつけながら利用を少しずつ認めていこうという考え方です。


利用させる範囲と求められる力の関係は、専門家によって既に整理されています※1。
一方的に禁止や制限をするのではなく、各段階で求められる力や知識をあらかじめ保護者が説明し、自身に力がつけば制限される範囲は小さくなるという考え方を、子ども自身が理解しておくことが大切です。
子どもとの対話がルールづくりのキーポイントとなっているのです。

そして、利用させる範囲は、子どもの年齢・学年で決めるのではなく、一人ひとりの力に合わせ、保護者が判断する必要があります。

機能制限と初期設定には大人の常識をはたらかせて 利用させると約束した範囲をこえた勝手な利用を防ぐために、すべてのスマホに保護者が設定できる機能制限のしくみが備わっています。
なかでも有名なのはフィルタリングで、アクセスできるウェブサイトを一定の範囲にとどめるためのものです。

さらに、スマホでは、アプリのインストール自体の制限が大切です。同じスマホでも、入れるアプリによって、危なさや難…

11/15札幌市中央区PTA連合会研修大会にて登壇します

イメージ
第2部会「子育てとスマホ」を担当いたします。
終了しました→札幌市PTA協議会ウェブサイト レポートページ


第30回札幌市中央区PTA連合会研修大会日時:2018年11月15日木曜日(10時〜12時15分)場所:ホテルライフォート札幌主催:札幌市中央区PTA連合会演題:「子育てとスマホ」〜すべての保護者にできること〜


10/27「子どもとメディア 関東」様主催イベントに登壇します

イメージ
第12回 子どもとメディアを考える学習&交流会(終了しました)日時:2018年10月27日土曜日13時30分〜16時30分(受付13:15〜)場所:東京労働会館[ラパスビル]地下会議室(東京都豊島区南大塚2-33-10)
http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/gyojimap_rapasuhoru.htm主催:子どもとメディア 関東講師:吉岡良平(株式会社ラック)第1部
   高橋大洋(株式会社ミヤノモリ・ラボラトリー)第2部第1部
「IoT、AI時代のセキュリティとリテラシー〜pull型からpush型へ〜」
ネットは自ら検索して情報を引き出す(pull)時代から、利用状況から趣味や嗜好が収集され情報が送られる(push)ようになりました。こうした環境にあるAI時代のリテラシーでは、プライバシーと便利さのバランス感覚がとても必要です。第2部
「情報化社会を生きぬく力」
インターネットやSNSの普及は、子どもたちの将来に何をもたらすのでしょうか。ますわたしたち大人が、この新しいメディアのメカニズムを学び、活用するための実践的な手がかりをご紹介します。問い合わせ・申し込み:子どもとメディア関東(矢野)080-7020-2617、kmediakanto@yahoo.co.jp
チラシ


出版記念トークショーご案内

イメージ
[本イベントは無事に終了いたしました。当日お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。→振り返りブログ記事はこちら

開催概要
日時:2018年4月7日土曜日13時〜14時半場所:紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55ビル)主催:紀伊國屋書店共催:国立大学法人小樽商科大学グローカル戦略推進センター後援:講談社、講談社サイエンティフィクスピーカー:高橋大洋(小樽商科大学非常勤講師)聞き手:原田由香(元NHKキャスター)内容:『学生のためのSNS活用の技術(第2版)』の出版を記念し、検索サイトとは違う、SNSでの情報収集のコツや、目的別のSNS選びなど、 SNSとの上手なつきあいかたを、やさしく紹介していきます。
チラシ